サブウーファーの必要性、DALI IKON SUB MKⅡ設置

先日、DALIのIKON SUB MK2というサブウーファーを購入し、設置しました。

メインスピーカーとして使用しているHELICON800は、低音再生用に20cmウーハーが左右合わせて4個付いています。

出典:DALI

導入を決めた経緯

HELICON800は、音楽を聴く際はとても綺麗に聴こえるのですが、映画やアニメなどの戦闘シーンなどで、迫力のある重低音はイマイチ出ておらず、若干物足りなさを感じていました。

今まではサブウーファーを使うと音の全体のバランスが崩れてしまうと思い見送っていたのですが、映画館の様な迫力が欲しかったため思い切ってサブウーファーを追加してみようと思い立ちました。

サブウーファーの選定

スピーカー系は全てDALIで統一したかったので、DALIのサブウーファーを調べていました。

メインスピーカーの「HELICON」シリーズには、サブウーファーのラインナップもありましたが、すでに販売終了になっている上に滅多に中古市場にも売りに出されないため、現行モデルからリサーチすることにしました。

現行モデルでは、「SUBE-9N」と「SUBEE-12N」の2種類を確認。

created by Rinker
¥88,000 (2021/10/19 05:34:37時点 楽天市場調べ-詳細)

2つの違いは主にウーファーと呼ばれる音が出る部分の大きさの違いで、「SUBE-9N」は23cm、「SUBE-12N」は30cmです。

どちらにするか迷っていたところ、生産終了品ですがヤフオクでIKON SUB MK Ⅱというサブウーファーが売りに出たため、こちらを購入することにしました。

出典:DALI

このサブウーファーも、30cmのウーファーを搭載しており、重さは約26kg、高さ455mm、幅410mm、奥行き457mmの、概ね立方体の形をしています。

配置場所は、左側のメインスピーカーの右隣にしました。


音声信号を送るオーディオケーブルは、モガミの2534というケーブルにしました。

サブウーファーの接続


これをAVアンプ背面のサブウーハー接続端子と、サブウーハー背面の「LFE」端子に接続。

下の端子に、AVアンプは1本で接続。

続いて、音楽プレーヤー(SONY HAP-Z1ES)とプリメインアンプも接続します(こちらは2本での接続)。

これに加えて、大型のサブウーハーは動かすのにかなりのエネルギーが必要なので、別途電源を確保する必要があります。

スクリーンの投影とも被らず、絶妙にフィット。

サブウーファーは繋いで終わりではなく、AVアンプ側で認識させたり、適切な音量に設定する必要があります。

次回は、その設定を行っていきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました