ホームシアターを導入するメリット&デメリット、おすすめできる理由

今回は、ホームシアターのメリット、デメリットについて解説していきたいと思います。

なんとなく興味を持っている方や、これから導入してみたいと考えている方たちの参考になれば幸いです。

目次

ホームシアターとは


ホームシアターとは文字通り、自宅専用のプチ映画館のことです。

自宅にプロジェクターやスクリーン等の映像機器、スピーカー等の音響機器をセッティングすることで、自宅に居ながら映画やアニメ、ゲーム、YouTubeからテレビに至るまでを圧巻、迫力満点の映像、音声で楽しむことができます。

映画だけに限らず、汎用性高く使えるのはとても魅力的。

完全なプライベートゾーンなので、映画館を自由に使えるようなものです。

ホームシアターのメリット

①映画やアニメ観ながら、アルコール飲み放題

②一時停止してトイレに行き放題

③私語禁止ルール無用

④昼夜問わず鑑賞OK、オールナイトも大歓迎

⑤汎用性が高く、映画以外にもアニメやゲーム、音楽など様々なコンテンツを大画面、高音質で楽しめる

などなど、プライベートな空間で最大限満喫することができます。

戸建てなら、どんちゃん騒ぎもOK!?

ホームシアターのデメリット

①機器をそろえる初期費用が掛かる

②機器を設置する手間が掛かる

③映画館で上映中の最新作品は観られない

金額はピンキリなので一概には言えませんが、安価過ぎる物は避けた方が無難です。

ホームシアター導入するべき?

近年では動画配信サービスの普及により、自宅で気軽に映画やアニメなどのコンテンツが楽しめるようになりました。

スマホでAmazonプライムビデオやHuluなどで映画、アニメ、ドラマなどを楽しんでいる人、多いのではないでしょうか。しかし、それでは本当にもったいないです!

スマホなら、どこでも気軽に楽しめることができるという利点がありますが、腰を据えてがっつり観たい、という時には是非ともホームシアターを導入するべきである!と自信を持って勧めることができます。

自宅の150インチのスクリーンで鬼滅の刃を全話観たのですが、大画面ならではの迫力は、スマホでは味わえません

同じ時間を使って鑑賞するのであれば、満足度の高い時間が過ごせるに越したことはありません。

スマホで観ても、ホームシアターで観ても、1話辺りにかかる時間は一緒です!

我が家のホームシアター構成機器

現在使用中のホームシアター機材の紹介をしていきます。

プロジェクター・・・ViewSonic X10-4K

出典:ViewSonic

スクリーン・・・シアターハウス BCH3322WEM-H2150(16:9 150インチ)

出典:シアタースクリーン

メインスピーカー・・・DALI Helicon800

出典:DALI

サラウンドスピーカー・・・DALI FAZON MIKRO(6本)

出典:DALI

サブウーファー…DALI IKON SUB MK2

AVアンプ・・・DENON AVR-7200WA

出典:DENON

プリメインアンプ・・・LUXMAN L-509u

出典:LUXMAN

オーディオプレーヤー・・・SONY HAP-Z1ES

出典:SONY

Blu-rayプレーヤー・・・Pioneer BDP-LX58

出典:Pioneer

以上が、現在僕がホームシアターで使用している主な機材になります。

終わりに

ホームシアターを導入することで、自宅の一室が自分だけの、家族だけの特別な空間になります。

人生をより豊かにしてくれますので、ぜひ導入を検討してみてはいかがでしょうか。

最高のおうち時間にするために、ホームシアターを導入しませんか?

良いスピーカーや大画面で視聴することで、映画館の様な迫力より深く感動することができます。

「ココナラ」でご相談を受け付けています。

インスタグラムTwitterからでも、お気軽にお声掛けください。

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次