DENONのAVアンプ(AVR-7200WA)のイコライザーを調整&設定方法、ホームシアターの音質改善

 dアニメストア

皆さんこんにちは、ズボラーです。

長時間のホームシアターでの視聴で、耳が疲れた経験はありませんか?

最近のAVアンプはほとんど「自動音場調整機能」が付いていますが、あくまで距離の測定であって、音質音色までは最適化してくれるわけではありません。

音の味付けは自分で行う必要があり、これを怠ってしまうと映画やドラマ、アニメを鑑賞する際に耳が疲れてしまい、リフレッシュするはずが逆にストレスになってしまいます。

中音(500Hz~4Khz)を増幅させることで、生音に近い音声になり、聴き疲れのない心地の良い音にすることができます。

長時間の視聴も苦ではなくなる音質に設定しましょう!

使用するAVアンプDENONの「AVR-7200WA」です。

セリフが聴こえにくいといった場合も、今回紹介する方法で改善することができます。

AVアンプでの調整方法

AVアンプは、設定画面を映しながら調整する必要があるので、テレビ、プロジェクターの電源も入れて、設定画面を映し出しましょう。

DENON製AVR-7200WA」を例にとって解説します。各メーカーや製品ごとに異なりますが、共通する点も多くあると思うので、参考になれば幸いです。

リモコンの「SET UP」を押します。

画面上にセットアップメニューが立ち上がるので、「オーディオ」を選択します。

グラフィックEQ」を選択します。

EQ調整」を選択します。

グラフィックEQ」をオンにします。また、「スピーカーの選択方法」は「左/右」にすることで左右のスピーカーを同時に調整することができます。

普段聴く音楽や映画、アニメ等を再生しながらグラフを大きく上下に動かして音質の違いを体感しましょう。

今調整しているのは前方に左右対称に並んでいる、フロントスピーカー(DALI HELICON800)です。

フロントスピーカー

※高音調整時のコツ
・歌手、ボーカルの声の「さ行」が耳に刺さらない感覚の場所を探す
女性の歌手ボーカルだと分かりやすい(ZARDやSuperflyなど)
・音量を上げて、さ し す せ そが耳につく感じがしない所まで下げる
・とはいえあまり高音を落としすぎると、暗い音になってしまうので注意
・特に4khz~5khz辺りから、耳につく高音が出てくる傾向が強い

フロントスピーカー調整後のグラフはこのようになりました。

63Hz:-3.0dB,125Hz:+0.0dB,250Hz:+2.5dB,500Hz:+6.0dB,1kHz:+5.0dB,2kHz:+3.5dB,4kHz:+1.5dB,8kHz:-2.0dB,16kHz:-5.0dB

センタースピーカー(DALI OPTICON VOKAL)は若干異なります。

センタースピーカー
63Hz:-3.0dB,125Hz:+0.0dB,250Hz:+3.0dB,500Hz:+5.0dB,1kHz:+6.0dB,2kHz:+5.0dB,4kHz:+4.0dB,8kHz:-0.0dB,16kHz:-2.0dB

同じメーカーでも製品が違えば音の出方も変わります。

サラウンド、フロントワイド、フロントハイトは「DALIFAZON MIKRO」を使用していますが、そこまで重要視していないので、フロントスピーカーと同じ設定にしました。

サラウンドスピーカー
63Hz:-3.0dB,125Hz:+0.0dB,250Hz:+2.5dB,500Hz:+6.0dB,1kHz:+5.0dB,2kHz:+3.5dB,4kHz:+1.5dB,8kHz:-2.0dB,16kHz:-5.0dB
フロントワイドスピーカー
63Hz:-3.0dB,125Hz:+0.0dB,250Hz:+2.5dB,500Hz:+6.0dB,1kHz:+5.0dB,2kHz:+3.5dB,4kHz:+1.5dB,8kHz:-2.0dB,16kHz:-5.0dB
フロントハイトスピーカー
63Hz:-3.0dB,125Hz:+0.0dB,250Hz:+2.5dB,500Hz:+6.0dB,1kHz:+5.0dB,2kHz:+3.5dB,4kHz:+1.5dB,8kHz:-2.0dB,16kHz:-5.0dB

初期の状態では高音、低音が強すぎるんですね。

 

そういった音は「ドンシャリ」と呼ばれているのですが、耳に対する刺激が強すぎて長時間聴いていると疲れてしまいます。

設定完了

以上がAVアンプでのイコライザー音質調整方法の一例です。

これによってセリフが聴き取りやすくなり、音量を上げても不快感うるさい感じはなくなりました。

グラフィックEQをオフにして初期設定の状態で視聴すると、明らかにセリフが聴き取りにくくなり、特に高い音が耳についてしまいます。

とても長時間の視聴はできない音質でした。

イコライザーはAVアンプだけでなく、機能が付いていればシアターバーなどでもによっては設定は可能です。

どのメーカーの製品でも基本は同じです。

相対的に中音(500Hz~4Khz)を大きくすることで、バランスが整って音質が改善します。

快適で充実したおうち時間を過ごすためにも、是非とも設定をしてみてください。

聴き疲れが起きてしまう理由はこちら

音楽がうるさく感じたり、耳が疲れる理由と対策。ストレス解消やリフレッシュのはずが逆効果
皆さんこんにちは、ズボラーです。 少し奮発して高めのイヤホンやヘッドホン、スピーカーを買ったのに、長時間聴いていると何だか疲れる… 試聴した時はいい感じに聴こえたのに、いざ使ってみるとなんか違う…...

音楽や映画、アニメなどをライブ会場コンサートホール映画館で楽しんでいる様な体験を、スピーカーやアンプなどの音響機器を導入し、ご自宅でもいかがですか?

「ココナラ」にてホームシアター、オーディオ機器導入をお考えの方に、ご自宅の環境や予算に応じた提案、ご相談をお受けしています。会員登録は無料ですので、お気軽にお声掛けください。

ホームシアター、オーディオ機器のご提案を致します 映画館の様な臨場感あふれる映像、音響体験をご自宅で | 趣味・ゲームのアドバイス | ココナラ
AmazonプライムビデオやNetflixといった動画配信サービス、任天堂switchやPS4、PS5、お気に入りの音楽をより楽しむ上で、ホームシアターやオーデ...

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました