【超ド級】150インチスクリーンの設置方法、要領【DIY】

今回は、プロジェクターの映像を投影するスクリーンを壁掛けで設置したので、その事例について紹介していきたいと思います。

完成時の写真はこのような感じになりました。

使用するスクリーン

シアターハウス」さんのチェーン巻き上げタイプ「BCH3322WEM-H2300」という製品を選びました。

出典:シアタースクリーンHP

150インチになると、幅約3.4メートル、電動でなくても重さは約11kgとかなり大型になってきます。

取り付け前の本体です。サイズ感比較のため、右下に500mlの空き缶を置いてみました。

取り付け要領

家の壁は石こうボードを使用しているため、直接壁に取り付けるとスクリーンの重さに耐えきれず、抜け落ちてしまいます。

出典:シアターハウス
出典:シアターハウス

そこで、今回は石こうボードの下地に木の板を固定し、その木材にスクリーンを取り付ける手法で設置していこうと思います。

イメージは次の画像の通りです。

出典:シアターハウス

取り付け準備

木材の準備

ホームセンターで、幅4m、高さ10cm、厚さ12mmの木材を買ってきました。

大きすぎて愛車のステップワゴンに入りきらず、軽トラを借りて家まで運ぶハメになりました。(2往復)

家の壁紙と馴染むように、白のラッカースプレーで塗装していきます。

塗料が地面に付いてしまうと中々落ちないので、段ボールなどを敷いた方が良さそうです。

下地探し

次に、石こうボードの骨組み部分を、下地チェッカーを使って探していきます。

ホームセンターで1000円くらいで購入できます。

先端に針が内蔵されていて、押し付けると壁に押し付けると飛び出します。

下地が無い部分には、手ごたえ無く奥まで刺さります。

逆に下地の木材部分には針が刺さらず、途中で止まります。

12mmのメモリで針が止まったので、我が家の石膏ボードの厚さは12mmになります。

下地の位置が分かったら、両端をマーキングします。赤線の中が木材の骨組みが入っている範囲になります。

合計5ヶ所分の下地をマーキングし、スクリーンの幅をカバーできるようにします。

取り付け

補強板の取り付け

マーキングした下地の位置に、補強板を取り付けていきます。隙間ができないように、木材を上に押し上げながらネジで止めていきます。

マウントの取り付け

補強板が取り付け終わったら、スクリーン取り付け用の金具、マウントを付けていきます。

マウントは3個あるので、均等になるように取り付けます。

スクリーン本体の取り付け

取り付けたマウント部分に、スクリーン本体をはめ込めば完成です。1人でやったら重すぎて地獄を見たので、2人以上で取り付けることをお勧めします。

右側のチェーンで、上げ下げが可能です。

スクリーンを出すととこんな感じになります。

大分ホームシアターっぽくなってきました。

次回は、この巨大スクリーンに投影するプロジェクターを設置していきたいと思います。

「ココナラ」にてホームシアター、オーディオ導入をお考えの方へご提案を行っています。

検討されている方は、ぜひご利用ください(^^)

ホームシアター、オーディオ機器のご提案を致します より充実したお家時間の構築をお手伝いいたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました