【DIY】LED光源4Kプロジェクター、ViewSonic X10-4K 取り付け方法、要領【天吊り】

今回は、プロジェクターを取り付けて、ホームシアターを完成させたいと思います。

こちらが投影した際の様子です。


プロジェクター取り付け

用意したプロジェクター

ViewSonic」製の「X10-4K」というプロジェクターです。

天吊り金具の準備

天吊りで設置するので、「シアターハウス」さんの「スパイダー2」という天吊り金具を別途購入しました。

補強板の準備

スクリーンを取り付けた際と同じ要領で取り付けるため、まずは補強板を天井と同色の白で塗装します。

天井の下地探し

天井の下地を、下地チェッカーで探していきます。骨組みを見つけたらマーキングし、補強板の取り付け位置を決めていきます。

created by Rinker
¥730 (2021/10/18 12:05:19時点 楽天市場調べ-詳細)

補強板の取り付け

投影距離に応じた位置に、補強板を取り付けていきます。ずれないように、頭で押さえながら。

天吊り金具、プロジェクターの取り付け

天吊り金具を、プロジェクターに取り付けていきます。

赤丸で囲んだ部分にネジ穴があるので、そこに取り付けます。

続いて、補強板にベースとなるマウントを取り付けていきます。

マウントにシャフトを取り付けます。

この位置から試しに投影してみたところ、少し近過ぎたため、若干スクリーンに余白ができてしまいました。

X10-4Kにはズーム機能が付いていないので、画面サイズを大きくするには取り付け位置を後ろにずらす必要があります。

補強板のサイズギリギリでしたが、この位置からならスクリーンいっぱいに投影することが可能でした。

配線の処理

ケーブルをスッキリさせるため、モールに通していきます。

ケーブルを送っていきます。

最後に、ケーブルが垂れ下がらないように天井に固定していきます。

ピンを打ち込んで固定します。

完成

ついに念願の、ホームシアターが完成しました。

終わりに

150インチでは大きすぎるかも…という心配があったのですが、全くの杞憂に終わりました。

圧巻の大迫力で、映画もアニメも、switchなどのゲームも大画面で楽しむことができます。

自分や家族だけの貸し切り映画館です。

興味を持っていただけた方は、是非導入を検討されてみてはいかがでしょうか。

その際は、可能な限り大きな画面にすることをお勧めします。

「ココナラ」にてホームシアター、オーディオ導入をお考えの方へご提案を行っています。

検討されている方は、ぜひご利用ください(^^)

ホームシアター、オーディオ機器のご提案を致します より充実したお家時間の構築をお手伝いいたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました