音楽がうるさく感じたり、耳が疲れる理由と対策。ストレス解消やリフレッシュのはずが逆効果

皆さんこんにちは、ズボラーです。

少し奮発して高めのイヤホンやヘッドホン、スピーカーを買ったのに、長時間聴いていると何だか疲れる

試聴した時はいい感じに聴こえたのに、いざ使ってみるとなんか違う…

音楽を聴いてリフレッシュしたり、テンションを上げるために買ったのに、今は押し入れの奥で使われずに眠っている…なんて方いないでしょうか?

なぜ積極的に音楽を聴きたい!と思う様にならないのか?

そうなってしまう大きな原因と対策を紹介していきたいと思います!

音楽を聴いて疲れていては、本末転倒ですね。

結論から先に言うと、イコライザーを使って音のバランスを整えることです。

高音、低音を小さくして、真ん中の高さの音(中音、500Hz~4kHz位)が大きくなる様にすることで改善されます。

音楽の持つ真価

音楽の持つポテンシャルはとても大きいものがあり、ストレス状態からのリフレッシュに大きな効果を発揮してくれます。

歌や音楽を聴けるということは「ここは安全地帯である」と脳が認識します。

周りに敵がいる様な危険な場所で歌を歌ったり、音楽を演奏することはできないからです。

音楽を聴くと気分が良くなるのには理由があるんですね。

そうなると、「音楽を聴くと疲れる」というのは、矛盾している様にも思えます。

聴き疲れする原因

聴き疲れする原因は、「再生される音が聴き心地の良い音になっていないから」です。

悲鳴や断末魔、爆発音などを聴くと、大きなストレスが掛かり、不快に感じます。

こういった音は無意識に反応してしまいますよね。

何の設定も変えていない状態で音楽を聴くと、高音と低音が不自然に強調されていることが良くあります。

キンキン鳴って耳に付く高音、過剰に強調されてボワンボワンする低音、こういった音は注意を引くため、音楽にこのような音が含まれていると一時的には良い音の様に聴こえてしまいます。

甲高い高音大き過ぎる低音は「ここにいたら危険だから逃げろというメッセージでもあるため、脳が危険な状態にいると判断してしまいます。

その結果大きなストレスが掛かってしまい、音楽を聴いていると疲れてしまうという状態になってしまいます。

なので、過剰に出ている高音と低音のバランスを整えて、聴き心地の良い音に調整する必要があります。

当初は、聴き疲れる原因はイヤホンやヘッドホン、スピーカー側にあると思っていました。

聴き心地の良い音とは

「聴き心地の良い音」とは、「高い音から低い音までがバランス良く聴こえている音」のことです。

この音が「自然な感じ」に近づくほど、「聴いていて疲れない音」になっていきます。

普段聴く音楽も音のバランスを調整しないと、高音や低音が過剰に出ていることがほとんどです。

映像で例えるとブルーライトが全開にされて、目に強い刺激が入っている状態の耳バージョンです。

リフレッシュやリラックス、テンションを上げるために音楽を聴いているのに、逆に疲れてしまっては本末転倒ですよね。

えーでも、大変そう。

そんなに難しくないので、トライしてみましょう!

聴き疲れする音を改善するためには

この状態を改善するために、イコライザーを使って音のバランスを整えましょう。

イコライザーとは、下の様な設定のことです。

方法は簡単で、過剰に出ている部分の音を下げるだけでOKです。

耳が不快に感じる部分をカットするだけ。

高音と低音の間の中音(500Hz〜4kHz)を大きくすることでも、同様の効果が得られますが、機器やイヤホンによっては音割れしてしまうのでおすすめしません。
中音(500Hz〜4kHz)を相対的に大きくすることで、生演生歌に近くなります。

この機能は、ウォークマンやカーナビまで、大体の音楽機器には元々付いている機能になります。

機器によってグラフ式のタイプと、数字を増減させるタイプがあります。

音楽再生機器だけでなく、「Spotify」などの音楽配信サービスなどにも付いている機能です。

イコライザー」を使用し自分の耳に合った音に調節することで、長時間音楽を聴いていても疲れなくなります。

どのタイプのイコライザーでも、中音(500Hz〜4kHz)を大きくするという基本を抑えておけば大丈夫です。

疲れない音の確かめ方

疲れない音の確かめ方は、普段音楽を聴く時の音量よりも音を大きくした時に、うるささや不快感を感じない音が疲れない音になります。

それによって音楽を聴くことがもっと楽しくなり、文字通り「音を楽しめる」ようになります。

イヤホンやヘッドホン、スピーカーの選定よりも重要だと思います。

今まで聴こえていなかった音も聴こえるようになりますよ!

倍音の様な音も聴こえますね!

また、これは音楽を聴く時だけに限らず、テレビを観る際ホームシアターにおいても重要になってきます。

テレビ番組や映画、アニメなどでセリフが聴き取りにくいと感じた事はありませんか?

セリフは中音(500Hz〜4kHz)域がほとんどなので、同じように設定を変えてバランスを整えることで、大きく改善します。

視聴していて疲れにくくなり、セリフなども聞き取りやすくなります。

実践編として実際にイコライザーでの調節方法、ポイントなどを各記事にまとめたので、参考にしていただけたら幸いです。

カーナビ、カーオーディオ

車内をイコライザーで音質調整、チューニング。アルパイン製カーナビ、カーオーディオ編(DIATONE DS-G300)
良い音で車の中をより快適な空間に 皆さんこんにちは、ズボラーです。 車の中で音楽を聴く際や映画、ドラマ、アニメなどを観る際に、より良い音で聴くことができたら、移動がもっと楽しく快適になると思いませんか? ...

ウォークマン

SONYのウォークマンをイコライザーで音質調整&設定、おすすめの波形(NW-ZX100)
ウォークマン、NW-ZX100 皆さんこんにちは、ズボラーです。 現代において、音楽を聴かないという人を探す方が難しいのではないのでしょうか。 もったいないことに、日常生活の一部ともいえる音楽の...

iPhone

iPhone、スマホでONKYO製音楽アプリのイコライザーを使い、簡単に高音質化する方法&おすすめの波形
皆さんこんにちは、ズボラーです。 普段音楽はスマホから聴いてるけど、何だか聴いていて疲れる…イマイチ物足りない…そんな経験やお悩みはないでしょうか? そんな時は、イコライザーで音を自分の耳に合った...

AVアンプ

DENONのAVアンプ(AVR-7200WA)のイコライザーを調整&設定方法、ホームシアターの音質改善
  皆さんこんにちは、ズボラーです。 長時間のホームシアターでの視聴で、耳が疲れた経験はありませんか? 最近のAVアンプはほとんど「自動音場調整機能」が付いていますが、あくまで距離の測定であって、音質、音色まで...

プリメインアンプ

LUXMANのプリメインアンプ(L-509u)のイコライザー(トーンコントロール)でコストを掛けずに音質改善&調整、アナログレコードの様な音質に
  音楽で聴き疲れを起こしてませんか? 皆さんこんにちは、ズボラーです。 オーディオ用のアンプやスピーカーを買ったけど、いざ音楽を聴いてみると何か耳が疲れる。 店頭では音に惹かれて買っ...

ストレスは溜めないに越したことはないのですが、ストレス社会とまで呼ばれる現代において、ゼロにすることは中々厳しいです。

それに加えて、ストレス解消リフレッシュのために音楽を聴いているのに、それが逆にストレスになってしまっては、たまったものではありません。

簡単に改善することができるので、音楽を聴いている時に心からリラックスできる状態を作ってみてはいかがでしょうか。

無意識にストレスが掛かっているので気が付きにくいのですが、音楽を聴くと耳が疲れている感じがする時は、音のバランスが悪く、不快に感じる音を聴いてしまっていることが大きな要因を占めることが多いので、ぜひ調整してみてください。

設定の有無によって天地の差があるので、絶対にお試しください。

音楽や映画、アニメなどをライブ会場コンサートホール映画館で楽しんでいる様な体験を、スピーカーやアンプなどの音響機器を導入し、ご自宅でもいかがですか?

「ココナラ」にてホームシアター、オーディオ機器導入をお考えの方に、ご自宅の環境や予算に応じた提案、ご相談をお受けしています。会員登録は無料ですので、お気軽にお声掛けください。

ホームシアター、オーディオ機器のご提案を致します 映画館の様な臨場感あふれる映像、音響体験をご自宅で | 趣味・ゲームのアドバイス | ココナラ
AmazonプライムビデオやNetflixといった動画配信サービス、任天堂switchやPS4、PS5、お気に入りの音楽をより楽しむ上で、ホームシアターやオーデ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました